2015/12/15新展示資料のご紹介(12月15日)「勝光・宗光」

坂本龍馬が “特に愛した刀” と伝えられ、今年11月、86年ぶりに公開された「勝光・宗光」(合作)と同銘の脇差を新たに展示。龍馬が愛した名刀の数々が更に充実しました!

《最上段》 銘文(表)備前國住長舩次郎左衛門尉勝光 同左京進宗光 (裏)永正七年八月吉日

種別 脇差、長さ 51.0p、反り 1.3p、目くぎ穴 1個
龍馬が少年時代に武士のたしなみとして、初めてこの脇差と同じ刀匠のものを親から授かった。龍馬も大変気に入り、大人になってからも坂本家で大切に保管されていた。

※「龍馬が愛した名刀の数々」上から順に、@備前長舩勝光・宗光合作(新展示)、A肥前忠廣、B埋忠明寿、C源正雄、D山本忠明、E相州鎌倉住圀秀