2016/03/31新展示資料のご紹介 『太閤豊臣秀吉公所持・正廣』

『太閤豊臣秀吉公所持短刀・正廣』(桐紋総金具極上拵 本阿弥光遜折紙)

銘文(表)豊公所持伝来正廣(金象嵌)、(裏)無銘
種別 短刀、長さ 26p、反り なし、目くぎ穴 1個

徳川家に敗れた豊臣家の名刀は全て徳川家によって没収され、徳川家の家宝として珍重されたが、わずかながらその難から逃れ、所縁のある人々が大切に護り、引き継がれ、幕末には倒幕派の守護神とされたのが、この太閤秀吉公の宝刀であった。

◆NHK大河ドラマ『真田丸』放送、そして北海道新幹線開業を記念し、当館では秀吉公所持・正廣を新たに展示に加えました。1月から展示している幸村長男・真田大助所持の銃砲と共に、戦国乱世の歴史を刻んだ貴重な史料をぜひお見逃しなく!!

☆NHK大河ドラマ『真田丸』公式サイトはこちら↓
http://www.nhk.or.jp/sanadamaru/